茨木美術協会とは

茨木美術協会は、美術作家の創作活動と会員相互の交流、および茨木市の文化活動への寄与を目的として1949年に設立されました。

創立当初から継続している茨木市美術展の共催をはじめとし、美術研究会や会員展の開催、デッサン教室や写真研究会、異なる部門の作家とのコラボレーションアート展など、多様な活動を行っています。

また、茨木市との公共活動として、茨木市美術展・茨木市写真展・市民さくらまつり写真展・市民写真展への参加や、創立60周年記念事業としての企画展や会員展の開催、会員小品即売展と阪神大震災見舞金など、社会的活動にも積極的に参加しています。

 

協会概要

名称茨木美術協会
代表者会長 木村光佑
会員数240人
設立年月日昭和24年11月22日
活動目的・美術作家としての創作活動を主旨とする。
・会員相互の技術研究および親睦を図る。
・茨木市の文化向上発展に寄与する。
活動内容・茨木市主催「茨木市美術展」「茨木市写真展」「茨木市民さくらまつり写真展」共催。
・茨木市主催「いばらき環境フェア」協力。
・茨木市後援「茨木美術協会会員展」開催。
・研究会(コラボレーションアート展・各所見学会)
・会員の個展・グループ展、その他、美術創作活動。
・会報「茨木美術」発行(年2回)。
・総会・懇親会・常任理事会・理事会等開催。
入会資格・茨木市美術展・茨木市写真展で無鑑査以上および理事会で承認された者。
・国内外の有名な公募展など発表活動の経験者。
・理事推薦により会員に相応しいと認められた場合。
その他・日本画部で年1回、福祉文化会館ギャラリーで「日本画の仲間展」開催。
・写真部で年1回、「撮影研究会」「作品研究会」開催
事務局〒567-0888 茨木市駅前4丁目6-16
茨木市市民総合センター(クリエイトセンター)内
茨木美術協会 事務局長 中濱正善